年俸制でも残業代はもらえるの?

年俸制とは、あらかじめ1年間の給与額が設定されており、それを12ヶ月で割って労働者に支給される(労働基準法で毎月1回以上給与を支払わなければならないと定められているため)賃金制度です。

今後1年間の給与が決まっているので、雇用主からすれば年間の支出額が、労働者からすれば年間の収入額が決まっているので、長期的に計画を立てやすいという利点があります。しかしもし残業した場合、その分の給与は別途支給されるのか?年俸の最初の設定金額に含められてしまうのか?これから年俸制の会社で働くつもりなのであればしっかり確認しておきたいところです。

結論から言うと、年俸の設定金額の内訳に基本給とは別に残業代が設定されているかによります。年俸の内訳にしっかり想定される残業時間に対しての残業代が設定されており、その時間を超えた分に関しては年俸とは別に残業代が支払われます。年俸の内訳に全く残業代が設定されていなければ、残業した時間の全てが支給対象となります。

また残業が想定された年俸だったとしても、その金額がちゃんと労働基準法に基づいた金額であるかどうかもしっかり確認したいですね。年俸に最初から含まれているのか、別途の支給になるかの違いはあれど、残業代というものは年俸制であろうと必ず支給されなければならないということですね、もしそうでなければ労働基準法に抵触してしまうことになるので雇用主も労働者も共に気を付けなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です