年俸制であれば残業代は必要ないのか

現在、年俸制を導入している会社が増えてきました。

様々な理由がありますが、基本的には時間ではなく成果で給料を出したいということにはなります。しかしながら、年俸制であれば残業代を払わなくていいということなのでしょうか?実際の運用では、年俸制で残業代が出ているところは多くないのかもしれませんが、これはNGになります。

その理由として労働基準法で法定時間以上の仕事をした場合は時間外割増賃金を支払わなければならないと明記されております。つまり、残業代は払う必要があるということになります。従って、現在は労働基準法にあってない会社もあるかもしれません。

従って、年俸制は基本的に現在の日本の労働基準法の中では出来ないということになります。それに近いルールとして固定残業代精度があります。これを使うことによって実質的には給料を一定化させることができます。しかしながら、これにもルールが必要になります。

まずは、基本給の部分と割増賃金の部分が明確に記述されていることが必要になります。そして、その割増賃金は何時間分のお金が含まれているかを明確化する必要があります。このあたりが明確に就業規則に乗っている必要があります。

そして、上記の基準の割増賃金の時間を越えた場合は、別途残業代を支払う必要があります。つまり、このルールを使っても給料の変動はすることになります。

また、それとは別ですが、22時以降に仕事をした場合は別途割増賃金が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です