残業代請求を弁護士などのサポートを受けて行う

未払い残業代請求債権は2年で時効になってしまうので請求は早期に行うことが必要です。

サービス残業を長い期間していたような人は2年間で受け取れるはずの未払い残業代がかなりの金額となっていることでしょう。人によっては100万円を超える未払い金があるケースもあります。残業代請求は弁護士に相談することができ、対応方法のアドバイスから交渉の代理、訴訟などの手続きを依頼することもできます。

困っている人のために相談料金や着手金を無料として報酬を完全成功報酬制としているところもあるので、気軽に相談することができます。残業代請求を弁護士に依頼する際には、この業務に関して強みがある事務所を探すと経験も豊富で信頼して仕事を任せることができるでしょう。

残業代請求は企業と交渉することとなるので、弁護士が交渉の場に立ったほうが相手も譲歩してくれることが多いでしょう。交渉がまとまらず、労働審判や訴訟に移行した時なども弁護士がいたほうがサポートを受けることができてよいでしょう。

未払いの残業代請求をする際には、しっかりと証拠を残しておくことがとても重要となります。民事訴訟では請求の証拠を訴える側がそろえる必要があるので、証拠を保全しておくように努めておく必要があるでしょう。

未払い残業代を請求するのに必要となる証拠の集め方についても弁護士に相談すると役立つアドバイスがもらえます。困っているときは一人で悩まずに専門家を活用するほうが良い結果となることが多いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です