未払い残業代請求をしたい場合には

働いていれば、時間外の勤務が発生する事は必ずあります。

その際に使用者は、労働者に対して見合った金額である残業代を支払うのが義務付けられています。しかし、残業代がしっかりと支払われずにいるケースも少なくありません。実際に、会社側が労働時間の把握をしていない場合もありますが、不当に様々な理由を付けて支払いの義務を怠っている事もあります。

労働者には、残業代請求する権利があり使用者はしっかりと支払う義務があります。その事は労働基準法にも記載されており法律を無視する事は許されません。実際に残業代請求するには、様々な方法があります。弁護士に相談すれば費用も発生するので自分で行うか、労働基準監督署に相談すると良いかもしれません。労働基準監督署に相談すれば会社にとっては大事になるので、かなりの痛手になるのは間違いありません。

メリットとしては、匿名という形で会社に調査を入れる事が出来る事です。自分の名前が出てこないので、会社側との関係も悪くなる事がありません。監督署では、是正勧告や指導を行い残業代未払いの実態を改善してくれます。自分で残業代請求する際の注意点としては、会社との関係がギクシャクする事になります。

お互いに納得して円満に話が解決すれば良いですが、少しでもこじれると今後の仕事にも影響を及ぼす覚悟も必要になります。残業代請求する際には多くの資料集めをして、自分に有利となる決定的な証拠を集めれば集める程良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です