残業代請求の時効と必要な証拠

残業代請求はどこまででも遡って請求ができる訳ではなく、2年まで遡って請求する事ができます。

それを過ぎると時効となって請求できなくなります。退職後に請求する場合に気をつけないといけないのは証拠の整理などに時間がかかってしまうと請求できる金額が減ってしまう事です。少しでも取りこぼしなく未払いの残業代を請求する為には退職前から準備をしておく事が大切です。残業代請求をする時に必要な証拠は時間外労働があった事を証明できる物なら何でも良いです。

タイムカードの記録や社内のメールなどが証拠物として有効です。タイムカードの記録などが残っていないと言われても使用者は労働者の労働時間を管理する義務があるので、記録がないという事自体が問題です。そのため時間外労働の証拠を隠す為にタイムカードの記録が無いとは言えないので、あえて使用者側に労働時間の記録を求めるのも一つの手段です。

証拠が集まっていてもそれを整理する作業が大変で一人ではできない事も珍しくないので、請求を行う前に弁護士の相談すると請求を円滑に行えます。残業代請求に慣れている弁護士にサポートしてもらえば時間のロスも最小限に抑えられるので、時効で無効になってしまう未払い残業代を発生させずに済みます。また法的な知識がないと反論された時に対処ができませんし、裁判に発展した際も上手く裁判を進める事ができません。しかし専門家に依頼する事で代理してもらえるので、安心して請求を行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です