労働者には残業代請求の権利がある

現在、様々な労働問題があり、その一つとして残業代が支払われないことを挙げることができます。

せっかく長時間働いたのに、サービス残業になっているケースが少なくありません。労働をしたならば、それに対する対価をもらえる権利があるので、言いなりになっていないで、しっかり残業代請求を行うことを推奨します。

ただ、個人だけで残業代請求をしても企業が改善してくれないことがあるので、弁護士に対処してもらうべきです。法律の専門家であることに加えて、一定の権力があるので、個人で行った場合より良い結果になる可能性が高いです。ただ、弁護士であれば誰でもいいわけではない点に注意が必要です。

弁護士は誰でも解決能力が高いイメージがありますが、それは間違った認識だと言わざるを得ません。能力がまだ高くない弁護士が中にはいますし、弁護士にも得意分野と不得意分野があります。したがって、労働問題を得意分野にしていて、多くの問題を解決している弁護士に依頼するようにしてください。

弁護士に依頼する場合は費用がかかってしまいますが、あまり安く抑えるようとするべきではないです。1番大事なのは、残業代請求をしてもらい、働いた分の給料を得ることになります。余計なお金を出したくない考えは理解できますが、安く抑えたことで上手くいかなかったのでは本末転倒です。企業の言うことに労働者が何でも従う必要はなく、問題があるのであれば訴えることは重要なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です