残業代請求には証拠集めが重要

時間外の労働をしていても、それに見合った給与が支払われないケースも多々あります。

この様な場合には、使用者側に残業代請求をする事が可能です。この際に最も重要となるのが、証拠収集で確実な証拠でもって請求する事が確実に残業代金を支払ってもらう一番の近道です。証拠の収集は、自分自身で行う必要があります。

自信で会社に請求するにも専門の方に依頼するのにも必ず必要な事です。残業代請求は、証拠の量と質が勝負と言え、十分でなければ立証が難しくなります。この際には、秘密裏に行う事が重要です。証拠集めには、タイムカードや就業規則をコピーする必要もあり会社側に知られると残業代請求をしようとしている事がバレてしまいます。

残業代請求は、有効期限があります。法律で2年と決められており、遡れる年数が定められています。よって証拠集めは速やかに行い早めに請求する事が大切です。様々なコピーが必要ですが、コピー機を使用する事が難しい場合は最近誰でも手にしているスマートフォンで撮った証拠写真でも構いません。

タイムカードであればその場で撮影できるので、人目を気にしながらでも行えます。様々な資料があれば、どれかが最高の証拠として存在する事になります。まずは質よりも量を優先して集め、役に立つかもしれないと思ったら保管を取りあえずしておく習慣を身に付けてください。

それらを集めて、会社側に提示して交渉する事も可能です。ただし、社内での立場が悪くなる事もあるので慎重に考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です