残業代請求において留意すべき点とは

ブラック企業というレッテルには、残業が極端に多い、残業が多くても残業代がきちんと支払われていれがいいのだが、支払わなければ間違いなくブラック企業という呼称を拝命するという流れになるかと思われます。

ブラック企業に勤務しておるから、そもそも残業代は支払われなくてあたりまえ、このまま我慢して頑張っていくしかないと考えるのは早計です。残業代請求のイメージは具体的にどのようなものになるでしょうか。後に引けないエンドレスな戦いをイメージされる方も多いのではないでしょうか。

残業代はきちんと支払われるべきで、きちんと行った仕事の報酬の対価を支払わらないことはあきらかに違法行為となります。残業代請求は違法行為を是正するという意味では前向きな行為で後ろめたさを感じることではありません。

事業主側の強さばかりがイメージされやすいので、どうしても戦いというイメージがわきがちなのです。残業代請求は、本来はきちんと計算されていて支払われるべきものをあるべき姿に戻すということに他なりません。忘れられがちですが、残業という行為は会社側からの指示、依頼、労働者側の受諾があって成立するものです。

過去に未払いとなっている残業代が支払ってもらったあとも、気持ちよく同じ企業で働いていくことを前提に交渉するべきです。残業代請求には理論的かつ穏やかな交渉が求められるのです。その意味では個人で請求行為をするのではなく、弁護士等の専門家の助言を得る等して事前準備を周到に行ったほうがよいと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です