残業代請求は弁護士に依頼するべき

残業代未払いの会社が多くあることがニュースになっています。

サービス残業という言葉があるように、
残業代を支払っていない会社が多くあるのです。

しかし、労働時間を超えた分は残業代として請求する権利があります。残業代が払わらない場合には残業代請求をするべきです。残業代請求は弁護士に依頼することができます。

そこで今回は、残業代の請求を弁護士に依頼するメリットを紹介していきます。残業代請求を弁護士に依頼するメリットは面倒なことをやってくれるからです。

残業代を請求するためには証拠集めが必要です。

残業していたと証明しなければいけません。しかも、残業代の請求の時効は2年以内となっています。

手間のかかる残業の証拠集めをひとりで行うのは大変です。そのため、弁護士に依頼して効率的に証拠を集めるのがおすすめなのです。

また、弁護士に依頼することで法的根拠のない反論を封じることができるメリットがあります。

弁護士は法律のプロであり、法的根拠がない会社の主張を退けることができます。そのため、残業代回収できる可能性が高まるのです。

もちろん、弁護士に依頼しなくても会社と交渉して残業代を支払わせることができます。しかし、弁護士に依頼した方が効率的で可能性が高いのです。このように、残業代請求は弁護士に依頼するメリットがいくつかあります。残業代は仕事の対価であり、払ってもらうべきです。そのため、弁護士に依頼して残業代請求をするのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です